お洒落なデザインのまな板

子供が生まれるのを機に、長年使用してきた(夫が一人暮らしの時に購入)100均のペラペラした包丁から、いきなりハイグレードの木屋の包丁を購入した話は以前ブログにアップしましたが、まな板の方が、そろそろ買い替えの時期かな、という傷つき具合になってきました

今まで長年お世話になってきたまな板、サイズは横44cm縦25cm厚み14mmで、取っ手の穴が空いたごく普通の白いプラスチック製のものです。重さは測ってみたら1300g程ありました。1kgオーバー!どうりで重いと思ってたよ!!
このまな板、夫が一人暮らしの時に買ったもので、ホームセンターか何かで買ったお値打ち品である事は、ほぼ間違いない。

プラスチックって、食べ物の色が移ると漂白しないと汚らしい。

捨てるつもりで漂白していない状態の年季の入ったまな板ちゃん↓↓↓

ギャ~、汚くてすみません。でもこれ、人参とかほうれん草とか、食材の色が移っただけで、決してカビとかじゃないんで!!しかし、漂白って、臭いし、子供が危ないので、どーも好きじゃない。おまけに、板自体が固いから包丁の刃が悪くなり易いし、刃が食い込まないから切ったネギが繋がりやすい、具材が転がりやすい。

実家では木製のまな板だったので、デメリットを感じながらも今まで買い替えなかったのは、、まだ使えるし(←貧乏性)、乾きが早いからカビとかの心配がない、という理由から。しかし、傷が目立ってきたのと、最近シンクの洗い桶を白いプラスチックからステンレス製に買い替えたので、漂白剤が使いにくくなったのです。いや、逆説的に言うと、洗い桶もプラスチックに細かい傷がついてこまめに漂白しないとすぐ汚れがつくようになってしまって、漂白しないですむようにステンレスの洗い桶に変えたんだけどね。だから、まな板も漂白剤を使わないでOKな木製に買い替えましょう、という運びです。

包丁は私の愛するデザイン、木屋のNo.25 鎌型 エーデルワイスEV 180mm エバーブライトハンドルです♪


↑これに似合う、素敵なデザインのまな板を探しました♪

素敵なデザインといってもチーズやパンを切る洋風のカッティングボードではなく、あくまで『まな板』です。

で、買ったのがこれ↓↓↓

土佐龍という会社で作っているらしい、土佐きよら 弧まな板のLサイズです。ヨドバシドットコムで¥3,780(税込)送料無料でした。HPには載ってなかったけど、なんでだろ?廃盤?
サイズは横42cm縦28cm厚み0.8cm、重さは485gと軽量です。素材はメインがひのきで両サイドはさくら材を使ってます。縦が大き目で使い易いです。檜の香りもいい。檜の香りって大好き(#^.^#) そして、思ったより乾きも早い。

しかし、、、実をいうと、この両サイドの木の色、送られてきた実物は、写真ほど綺麗なコントラストでは無かったです。天然木なので、個体差があって仕方ないんだけど、もっとコントラストが薄くてぼやけた印象。木目も左右でばらつきがあって。。。う~ん、残念。でも写真に載せるので、ちょっとだけコントラストを強調してみました。ごめん。まぁ、ネットに載ってる画像は綺麗なコントラストなので、物によるのでしょう。もし、これを見て購入される方は、天然木なので木の色合いや木目が必ずしも美しいとは思わないで買いましょう!(ネット購入の場合ね)


 

洗面所のコップ

洗面所で使うコップって、気づくと底が汚れてたり、内側の底部分に水垢が溜まりがちじゃないですか?えっ?ウチだけ?
皆さん毎回、毎日、コップの水気を拭いてるの?我が家は、気づいた時に洗う程度です。水しか使ってなくて、しかも毎回ゆすいでるのに、なんで汚れてくるんでしょうね~。

↓長年使っていたのは、こちら↓

シンプルでコンパクトなんだけど、高さがあるから底が洗いにくい。そしてプラスチックなので、10年以上の歳月を経て、細かい傷に汚れがつき易くなってきた。でも洗面所って、コップを落としがちなので、陶器よりプラ製が安心。

掃除の手間はなるべく減らしたい。Time is money』ですよ!
掃除の時短は節約にもつながるので、何かいいアイディアないかな~と思って、ネットで各種コップを検討。毎回吸盤でくっつけるタイプは面倒だし、棒みたいなのに逆さまに置いても、棒自体がヌメリそうだな~。

で、リサーチの結果、コップを立てて置けて、水気が自然に落ちる、素晴らしい商品を発見。こちらに変更しました~↓↓↓

PLYS base (プリスベイス) タンブラー

サイズは、高さ60mm、取っ手方向の幅100mm、円の直径は外側で80mm。容量は満水で180ml入ります。実際入れる水は150ml位かな。アクリル樹脂製です。

立てて置くと、こんな感じ↓↓↓

又、取っ手部分をバーに掛ける事も出来るマルチぶり。色は他に茶色、緑、青、ピンクもあり。同じシリーズで歯ブラシスタンドと、ハンドソープ、トレーもあるよ

値段は500円位。送料が同じ位かかったけど、お店に買いに行く電車賃を考えたら、まぁ仕方ないかと。

しかし、パーフェクトに見えたこのコップ、何カ月か使ってみて気づいたんだけど、口をつける所の淵に、極僅かに継ぎ目(バリ)というか、段差(?)があって、そこに汚れがつきやすいのが、少々残念。
家にある他のプラスチックのコップを何個か見たけど、口をつける淵は、どれも滑らかだった。特殊形状のコップ故かもしれないけど、そこは多少値段をUPしてでも、滑らかにして欲しかった。。。製造メーカーさん(見てないだろうけど)、読んでたら改善して下さいな~。特殊形状だから無理なのかな~。。


 

 

100均の白い置き時計で、安物買いの銭失い

100均ショップには、安くて良い商品が沢山あります。いつも大変お世話になっているありがたいお店です。

しかし、時には失敗した~と、思える事もあり、そんな事例をご紹介します。

白くて小さい、シンプルな時計

机の上に置いていた小さな時計が壊れ、代わりの時計を探していた所、100均で見つけたシンプルな時計。時間さえ分かればいいので、特に機能は求めてませんでした。サイズも見た目もお値段もオールOK!!

ところがこれ、先日子供が目を離した隙にいじって、どこをどう押したのか、壊れて表示が出なくなってしまいました。

駄目モトで電池を交換してみようとした所、電池交換もし難く(電池が埋め込まれてて、細い棒でほじるようにしてなんとか取った)、やっとの思い交換したけど、やっぱり時間表示はされないまま。買ってから1年位しか経ってない。時計といえど精密機器、子供がいじったのが悪いとは思うけど、こんなに簡単に壊れるなんて、、、

私は気に入った物は値段に関わらず、長く使いたいタチなので、たとえ100円だろうと、1年で壊れてしまうのは残念でならない。100円を損したというより、又新しい、自分の気に入る時計を探さないといけないという事の方が嫌!

因みに、前に使っていた物は近所のホームセンターで1000円位で買った物ですが、電池を交換しながら、20年以上動いてました。(当然その間、何度も落としたりしてます。)1年に換算すると、1000円÷20年=50円/年

一方100均で買った時計、100円/年

↑ 安物買いの銭失いとはまさに、この事ですね!
(^-^;)

 

 

 

子供用に100均のお皿

前回ローソンのスヌーピーのお皿に引き続き、お皿繋がりで、100均で買った子供用のお皿を紹介します。

最初は、子供のうちなんて数年だから、家にあるお皿で小さめのを使ってやりくりしてたさ。けど、離乳食を卒業して、食べる量も品数も増えてくると、ベビーチェアについてるテーブルが狭いので、お皿が乗り切らない。どうにも使い勝手が悪い。やっぱり、子供用の小皿を買うか~、となりました。

子供用のおかずは数種類作ってジップロックに冷凍ストックしているので、レンジ使用可は必須。サイズ小さめ、かつ適度に深さがある方が良い。
又、陶器製で、絵柄も可愛いくて子供受けしそうなもの、という観点で100均各社をリサーチ。

結果、セリアの下記小皿を購入↓

カエルちゃん と ネコちゃん

カエルのお皿は外径120mmで高さ25mm
ネコのお皿は外径110mmで高さ35mm

上から見ると、カエルの方が大分大きく見えるけど、実際測ってみたら直径1cmしか違わなかった!うちでは小さい方が深さもあって活躍度大よ。

他にピンクのウサギと、グレーのパンダがあった。どの色柄も各サイズあるようだけど、店舗によっては1種類しか置いてない所も。
最初はピンクもグレーも買おうと思ってたけど、実物を見たら思ってたより濃い色味だったので、今回購入は保留。水色ネコと緑のカエルだけ購入しました。使い勝手が良いので、もしかしたら買い足すかも。

因みにシンプルな物で良ければ、ニトリで13cmの小皿が6枚で476円と、1枚当たり80円未満のお皿もあるよ~。1枚売りでも95円!100円ショップより安い!!安さを追求orシンプル好みならニトリもありかと。

ただ今回は子供用に考えていたので、可愛い絵柄とパステルカラーのコレにしました。つまり、今回の節約とhappyのバランスでいうと、私的にはニトリよりセリアに軍配が上がった↑↑↑という事です☆まぁ、20円しか違わないんだから、そりゃそうか。


 

 

洗面台と壁の隙間を100均素材で塞ぐ

我が家はボロ賃貸住まい。お陰で駅から近いが、家賃はお安め。毎月の固定費って重要よね。持ち家の良さもあるけど、賃貸の気楽さも悪くないわ。

が、どうしても気になる点があります。

それは、、、洗面台と壁との隙間!

3cm位ある(^。^;)

明らかに設計ミスだと思うんだけど。普通、せいぜい5mm~1.5cm位じゃない?持ち家だったら、さっさとリフォームするか、専用の塞ぎ材でも貼り付けますが、賃貸だから、そうはいきません。
普通の隙間なら、バックアップ材(100均にもある)でも挟んでおけばオールOKよ?でも、我が家の場合、隙間が大き過ぎるのよ~!

安くて、簡単に塞げて、退去時にすぐ取り外せる物。掃除もしやすくて、見た目もあんまり目立たない方がいい。そんな都合のいいものが、、、ありました!!

これです!

赤ちゃん用ぶつかり防止クッション
よくあるのはL字型なんだけど、それだと3cmの隙間じゃ落ちちゃう。でも、この商品は、断面がCの字なのさ!

こちらがその断面
これを隙間に、ギュッギュッと詰め込んで、
 ⇒⇒⇒  

ハイ、これで洗面台と壁との隙間は無事塞ぐ事が出来ました。

めでたし、めでたし(^-^)

1本の長さは35cmで幅は4.3cm。これを上面と側面で合計3本使用。
接着剤など全く不要。長さを測って切るだけ。ダイソーで合計324円なり。

この大きな幅の隙間を手軽にカバーできる100均の材料といったら、私的には、これが大ヒットでした。


 

壁に小さな穴が、、、補修の巻

壁に小さな穴があきました。

原因は我が家の暴れん坊将軍(2歳)が、椅子を派手に倒して壁にぶつけたから。結構簡単にあいちゃうのね、壁って。

で、どうせ又他の箇所も壊すだろうから、1か所位ですぐ業者を呼んで修理するのもなんだと、暫く放置してました。ですが、やっぱり気になる。。

で、応急処置として、自分でボンドコークで充填補修しようと思ったんだけど、ホームセンターにいったら1本が大容量&結構高い(1000円位だったかな?)楽天で680円位であるけど、送料いれたら結局同じ位になっちゃうし。

近所の100均でボンドコーク的な充填剤を探してみたけど、壁紙の剥がれを補修する接着剤はどこでもあったけど、あいてしまった穴に充填できるようなものは置いてなかった。諦めて、ホームセンターで買おうかと思っていた所、少し離れた大型のダイソーに行ってみた所、使えそうなものが置いてありました!!

説明部を拡大すると

石こうボード使用OK、高粘度で凹凸部への充填OK。乾いた後は白色で、塗装も可能。ふむふむ、いけそうだな、と踏んで、爪楊枝でちょいちょい塗り塗り、濡らした綿棒で表面を整えて、と。

出来た~!!

画像の中央あたり、小指の爪位の穴があいてました。
破けた部分のクロスは見つからず、上に貼り直せなかったけど、遠目ならあまり目立たない。更に丁寧に直すなら、凹凸をボンドで再現&塗装で色合わせすれば完璧かも。

施工前の写真は撮ってなかったけど、こんな感じ↓

※素人の適当補修なんで、真似する方は自己責任でお願いします。
あと、あんまり大きな穴は無理ですよ、勿論 (^^;)

枕元の懐中電灯

東日本大震災から早くも6年。9月1日は防災の日でしたね。

皆さんは地震時の対策をしていますか?

我が家では対策の中の一つで、寝室の枕元に懐中電灯を置いていました。
夜中停電で真っ暗になった際、明かりがないと動けないから。

この懐中電灯、夫が一人暮らしの時、恐らく実家から持ってきたと思われる古くて大きなもの↓↓↓

今時、単一電池4つ使用。当然LEDでもない。

まだ使えるものを捨てるのは忍びないと、そのまま枕元に置いておき、
子供が生まれてからは、夜中のおむつ交換や爪切り、散髪などでスポット的に使用しておりました。(豆電球だけじゃ暗いけど、部屋全体を明るくすると目を覚ましそうだから)で、とうとう壊れました(多分、球切れかな~?)

これ幸いと、新しく防災用に枕元に置く懐中電灯を探し始めると、これがなかなか奥深い。

まず、停電になるような大地震では、懐中電灯なんて吹っ飛んでどこにあるか分からないというご意見。なるほど、確かに!又、両手がふさがらない様、首または頭につけるライトが重宝とか。なるほど。でも、これはリュックに入れればいいかな~。

で、我が家で買ったのはコレ↓


Pioma ここだよライトS

この商品の最大の売り?は壁コンセントに直差しで、停電時の他、震度4以上で自動点灯をしてくれるところ。(最初の10分間。その後はスイッチでon/offする事に)又、常夜灯機能はありませんが、コンセントを抜いた状態だと懐中電灯のように使うことが出来ます。(少し持ちづらいけど)
シンプルなデザイン(←大事)と、電気の色が電球色なのも気に入った点です。
人感センサーは無いですが、廊下につける訳ではないので私的には問題無し。一応お好みに応じて消灯時に30秒だけ点灯する機能もあります。
内臓充電池が交換できるのもありがたいです。(交換は使用頻度によるけど3年と書いてありました。あと旧モデルは交換が出来なかったみたいです)

節約はしても、災害時の備えは外せない。楽天で1個2800円位でした。

~このライトが活躍するような大災害が起きませんように~

 

 

 

 

耐熱ガラスのコップ

暑い時も、寒い時も頼れるアイツ、
私の心と体を潤してくれる、、、

そう耐熱ガラスのコップ達よ!!

イヤ、冷茶から熱々コーヒー、紅茶まで、なんでもござれの懐の深いタフな奴。
本当、我が家では大変重宝しております。

理想は、ある。日本茶用には湯呑、紅茶用にティーカップ、コーヒー用にはマグカップ、と色々使い分けたい。しかし、なんといっても、ボロ賃貸住まい。決して広いとは言えないキッチン&ダイニング。
立派な食器棚なんで置くスペースありません。
そこで業務用としても名を轟かせているアイツの出番。そう、

『DURALEXのピカデリー』

我が家にはお茶星人がいるので、大は小を兼ねると310ccのビッグサイズで
ガボガボと飲んでます。氷を入れても余裕のサイズ。春夏秋冬大活躍。

ところがコレ、来客の際はどうも、容量が多過ぎる。。

という事で、同じシリーズで小さいサイズも買い揃えました~。
それが、キャン★ドゥで売っていて、1個100円!
小さいサイズのみだけど、きちんとメーカー品。


緑茶にも、ちょうどいいサイズ感 ♪

小ぶりの煎茶椀で容量60~70cc、無印良品の煎茶椀だと180cc。
ネットで調べたところ150~190ccの煎茶碗が多かったので(器自体の容量ね)
我が家は160ccを数個買い足したよ。
ワンサイズで揃えたい人は220ccか250ccでもいいかもね。
(このサイズは100均では見なかったけど)

DURALEX のピカデリーは何にでも使えて、本当お勧めよ~。
(サイズは各々の茶星人度合いで選んでね)

食器類はつい色々欲しくなってしまい、たまに誘惑に負けて買ってしまった食器類が、結局あまり使わなかったり、、とかもあります。
(^▽^;)

 

箸、されど箸

箸を買い替えました。

箸買い替えの経緯↓↓↓

夫が一人暮らしの時に使ってた100円で5膳入りとかの箸を使用

塗装が剥げてきて、とりあえず100均の無塗装の木製の箸を使用

夜中に食べ終わった箸を、流しの洗い桶に放置(夫だけですよ。)

見事に黒ずむ!

はい、とても素晴らしい経緯ですね。
っていうか、流しに置きっぱなしにするなよ!夫 !!

もうね~、何回言っても治らないから、ここは食洗機対応の箸に変えよう、と。
食洗機って温水でつけ置きしてから洗うから、食洗機対応の箸なら、流しに放置されても、痛みにくいだろう、と。

で買ったのがこれ  ↓

一膳当たりだと300円(税抜き)

100均でも食洗機対応箸はあったさ。けど、私が欲しいと思ってた無地で明るい木色の箸は無かったのさ。で、多少高くても気に入った物を長く使いたいタチなので、少しだけ財布の紐を緩めました。
やれやれ、これで一件落着だな~、と思ってふと、裏の注意書きを見ると、

…えっ!? 使用後は早目に湯または水で洗って??
食洗機対応なのに?  そんなのやってられるかぁー!!

と、ちゃぶ台をひっくり返したくなる衝動を抑え、
でもまぁ、こういうのって最善の方法を書くから、、、
と自分を納得させたのでした。


テーブルがウォールナット材なので、明るい木製の箸が映える

前に濃い木製の箸を頂いた時は、テーブルに置くと、色が似すぎてて見えにくかった
( ^ ^ ;)

今は子供が小さいので、箸置きは使ってないけど、大きくなったら、季節ごとに箸置きを変えるような生活をしたいな~、と思ってます。

追記:1年少々使用しました。食洗器対応に過剰な期待をしていたようです。食洗器は使用しておりませんが、透明の塗装が剥げてきてしまいました
(>_<)使い終わって、すぐに洗わないから?でも食洗器だって、つけ置き洗いだよね??100均だろうと、そうじゃなからろうと、結局剥げるのね~。今度は、業務用の箸を検討しようかしら。。。

ティッシュケース

鼻炎持ちには、なくてはならないもの、それは、、、
ティッシュペーパーだぁ!
しかし、このティッシュの箱って、どーして変な色やら柄やら、やたら主張が強いものが多いんでしょうね。

無地でシンプルな箱ティッシュは、高級品(カシミアとか)のみ。
超消耗品に、そんな大枚はたけません。
かといって、インテリア的にいただけないティッシュを置きたくない。

そこで、テッシュケースの出番だぁ~!

と、まぁ大げさですが、我が家ではRETTOのケースを愛用していました。

黄色っぽくもなく、青っぽくもなく、ニュートラルな白色。サイズはちょっと大きいけれど、スクエアのシャープなシルエットでお気に入りでした。

…でした。

そう、過去形。

これがねぇ、子供が生まれてから、危なくて使えなくなってしまったのよ。
だって、このシャープな角、、ゴンッと当たったら、結構痛いよ~。
ってな訳で、子育ても忙しく、気になりつつも安い箱ティッシュをそのまま使用していた訳なんですが、この度、新しい仲間が加わりました。

じゃ、じゃ~ん。(これまた大袈裟)

ダイソーで見つけた、ナチュラルな麻のティッシュケース。

裏はゴム仕様になっていて、着脱も一瞬。
子供がいると、消費も激しいので、助かるわ~。

贅沢言えば、箱のサイズとぴったり合うようにしたい。
(メーカーにより若干違うよね(^^;)) あと、よく見ると薄っすら下のBOXが透けて見えるのを改善したい、とかあるけれど、まぁ、許容範囲です。

デザイン・見た目も大事だけど、子供の安全も大事、そしてお財布も大事
(子供が大きくなったらまたRETTOに戻したいから、高いものを買い直したくない)更に時間も大事なので、一から手作りとかはハードルが高い。

そうしてたどり着いたのが、ダイソーでそこそこデザインの気に入ったコレ。

子供が出来ると素敵なインテリアより、『早い、安い、便利!』みたいになっちゃうけれど、あんまり時間もお金も掛けないで、節約と楽しく潤いのある生活が両立できたらいいな~と思って、このブログを立ち上げました。
(よくあるパターンって言われた(汗))
でも、まぁ、無理に独自路線狙っても書きたいと思うネタがないし、ね。
書きたい事を、書きたいように書くさ! ってな事で、

☆これからどうぞ宜しくお願いいたします☆