お洒落なデザインのまな板

子供が生まれるのを機に、長年使用してきた(夫が一人暮らしの時に購入)100均のペラペラした包丁から、いきなりハイグレードの木屋の包丁を購入した話は以前ブログにアップしましたが、まな板の方が、そろそろ買い替えの時期かな、という傷つき具合になってきました

今まで長年お世話になってきたまな板、サイズは横44cm縦25cm厚み14mmで、取っ手の穴が空いたごく普通の白いプラスチック製のものです。重さは測ってみたら1300g程ありました。1kgオーバー!どうりで重いと思ってたよ!!
このまな板、夫が一人暮らしの時に買ったもので、ホームセンターか何かで買ったお値打ち品である事は、ほぼ間違いない。

プラスチックって、食べ物の色が移ると漂白しないと汚らしい。

捨てるつもりで漂白していない状態の年季の入ったまな板ちゃん↓↓↓

ギャ~、汚くてすみません。でもこれ、人参とかほうれん草とか、食材の色が移っただけで、決してカビとかじゃないんで!!しかし、漂白って、臭いし、子供が危ないので、どーも好きじゃない。おまけに、板自体が固いから包丁の刃が悪くなり易いし、刃が食い込まないから切ったネギが繋がりやすい、具材が転がりやすい。

実家では木製のまな板だったので、デメリットを感じながらも今まで買い替えなかったのは、、まだ使えるし(←貧乏性)、乾きが早いからカビとかの心配がない、という理由から。しかし、傷が目立ってきたのと、最近シンクの洗い桶を白いプラスチックからステンレス製に買い替えたので、漂白剤が使いにくくなったのです。いや、逆説的に言うと、洗い桶もプラスチックに細かい傷がついてこまめに漂白しないとすぐ汚れがつくようになってしまって、漂白しないですむようにステンレスの洗い桶に変えたんだけどね。だから、まな板も漂白剤を使わないでOKな木製に買い替えましょう、という運びです。

包丁は私の愛するデザイン、木屋のNo.25 鎌型 エーデルワイスEV 180mm エバーブライトハンドルです♪


↑これに似合う、素敵なデザインのまな板を探しました♪

素敵なデザインといってもチーズやパンを切る洋風のカッティングボードではなく、あくまで『まな板』です。

で、買ったのがこれ↓↓↓

土佐龍という会社で作っているらしい、土佐きよら 弧まな板のLサイズです。ヨドバシドットコムで¥3,780(税込)送料無料でした。HPには載ってなかったけど、なんでだろ?廃盤?
サイズは横42cm縦28cm厚み0.8cm、重さは485gと軽量です。素材はメインがひのきで両サイドはさくら材を使ってます。縦が大き目で使い易いです。檜の香りもいい。檜の香りって大好き(#^.^#) そして、思ったより乾きも早い。

しかし、、、実をいうと、この両サイドの木の色、送られてきた実物は、写真ほど綺麗なコントラストでは無かったです。天然木なので、個体差があって仕方ないんだけど、もっとコントラストが薄くてぼやけた印象。木目も左右でばらつきがあって。。。う~ん、残念。でも写真に載せるので、ちょっとだけコントラストを強調してみました。ごめん。まぁ、ネットに載ってる画像は綺麗なコントラストなので、物によるのでしょう。もし、これを見て購入される方は、天然木なので木の色合いや木目が必ずしも美しいとは思わないで買いましょう!(ネット購入の場合ね)


 

洗面所のコップ

洗面所で使うコップって、気づくと底が汚れてたり、内側の底部分に水垢が溜まりがちじゃないですか?えっ?ウチだけ?
皆さん毎回、毎日、コップの水気を拭いてるの?我が家は、気づいた時に洗う程度です。水しか使ってなくて、しかも毎回ゆすいでるのに、なんで汚れてくるんでしょうね~。

↓長年使っていたのは、こちら↓

シンプルでコンパクトなんだけど、高さがあるから底が洗いにくい。そしてプラスチックなので、10年以上の歳月を経て、細かい傷に汚れがつき易くなってきた。でも洗面所って、コップを落としがちなので、陶器よりプラ製が安心。

掃除の手間はなるべく減らしたい。Time is money』ですよ!
掃除の時短は節約にもつながるので、何かいいアイディアないかな~と思って、ネットで各種コップを検討。毎回吸盤でくっつけるタイプは面倒だし、棒みたいなのに逆さまに置いても、棒自体がヌメリそうだな~。

で、リサーチの結果、コップを立てて置けて、水気が自然に落ちる、素晴らしい商品を発見。こちらに変更しました~↓↓↓

PLYS base (プリスベイス) タンブラー

サイズは、高さ60mm、取っ手方向の幅100mm、円の直径は外側で80mm。容量は満水で180ml入ります。実際入れる水は150ml位かな。アクリル樹脂製です。

立てて置くと、こんな感じ↓↓↓

又、取っ手部分をバーに掛ける事も出来るマルチぶり。色は他に茶色、緑、青、ピンクもあり。同じシリーズで歯ブラシスタンドと、ハンドソープ、トレーもあるよ

値段は500円位。送料が同じ位かかったけど、お店に買いに行く電車賃を考えたら、まぁ仕方ないかと。

しかし、パーフェクトに見えたこのコップ、何カ月か使ってみて気づいたんだけど、口をつける所の淵に、極僅かに継ぎ目(バリ)というか、段差(?)があって、そこに汚れがつきやすいのが、少々残念。
家にある他のプラスチックのコップを何個か見たけど、口をつける淵は、どれも滑らかだった。特殊形状のコップ故かもしれないけど、そこは多少値段をUPしてでも、滑らかにして欲しかった。。。製造メーカーさん(見てないだろうけど)、読んでたら改善して下さいな~。特殊形状だから無理なのかな~。。


 

 

100均の白い置き時計で、安物買いの銭失い

100均ショップには、安くて良い商品が沢山あります。いつも大変お世話になっているありがたいお店です。

しかし、時には失敗した~と、思える事もあり、そんな事例をご紹介します。

白くて小さい、シンプルな時計

机の上に置いていた小さな時計が壊れ、代わりの時計を探していた所、100均で見つけたシンプルな時計。時間さえ分かればいいので、特に機能は求めてませんでした。サイズも見た目もお値段もオールOK!!

ところがこれ、先日子供が目を離した隙にいじって、どこをどう押したのか、壊れて表示が出なくなってしまいました。

駄目モトで電池を交換してみようとした所、電池交換もし難く(電池が埋め込まれてて、細い棒でほじるようにしてなんとか取った)、やっとの思い交換したけど、やっぱり時間表示はされないまま。買ってから1年位しか経ってない。時計といえど精密機器、子供がいじったのが悪いとは思うけど、こんなに簡単に壊れるなんて、、、

私は気に入った物は値段に関わらず、長く使いたいタチなので、たとえ100円だろうと、1年で壊れてしまうのは残念でならない。100円を損したというより、又新しい、自分の気に入る時計を探さないといけないという事の方が嫌!

因みに、前に使っていた物は近所のホームセンターで1000円位で買った物ですが、電池を交換しながら、20年以上動いてました。(当然その間、何度も落としたりしてます。)1年に換算すると、1000円÷20年=50円/年

一方100均で買った時計、100円/年

↑ 安物買いの銭失いとはまさに、この事ですね!
(^-^;)

 

 

 

ティッシュケース

鼻炎持ちには、なくてはならないもの、それは、、、
ティッシュペーパーだぁ!
しかし、このティッシュの箱って、どーして変な色やら柄やら、やたら主張が強いものが多いんでしょうね。

無地でシンプルな箱ティッシュは、高級品(カシミアとか)のみ。
超消耗品に、そんな大枚はたけません。
かといって、インテリア的にいただけないティッシュを置きたくない。

そこで、テッシュケースの出番だぁ~!

と、まぁ大げさですが、我が家ではRETTOのケースを愛用していました。

黄色っぽくもなく、青っぽくもなく、ニュートラルな白色。サイズはちょっと大きいけれど、スクエアのシャープなシルエットでお気に入りでした。

…でした。

そう、過去形。

これがねぇ、子供が生まれてから、危なくて使えなくなってしまったのよ。
だって、このシャープな角、、ゴンッと当たったら、結構痛いよ~。
ってな訳で、子育ても忙しく、気になりつつも安い箱ティッシュをそのまま使用していた訳なんですが、この度、新しい仲間が加わりました。

じゃ、じゃ~ん。(これまた大袈裟)

ダイソーで見つけた、ナチュラルな麻のティッシュケース。

裏はゴム仕様になっていて、着脱も一瞬。
子供がいると、消費も激しいので、助かるわ~。

贅沢言えば、箱のサイズとぴったり合うようにしたい。
(メーカーにより若干違うよね(^^;)) あと、よく見ると薄っすら下のBOXが透けて見えるのを改善したい、とかあるけれど、まぁ、許容範囲です。

デザイン・見た目も大事だけど、子供の安全も大事、そしてお財布も大事
(子供が大きくなったらまたRETTOに戻したいから、高いものを買い直したくない)更に時間も大事なので、一から手作りとかはハードルが高い。

そうしてたどり着いたのが、ダイソーでそこそこデザインの気に入ったコレ。

子供が出来ると素敵なインテリアより、『早い、安い、便利!』みたいになっちゃうけれど、あんまり時間もお金も掛けないで、節約と楽しく潤いのある生活が両立できたらいいな~と思って、このブログを立ち上げました。
(よくあるパターンって言われた(汗))
でも、まぁ、無理に独自路線狙っても書きたいと思うネタがないし、ね。
書きたい事を、書きたいように書くさ! ってな事で、

☆これからどうぞ宜しくお願いいたします☆