壁に小さな穴が、、、補修の巻

壁に小さな穴があきました。

原因は我が家の暴れん坊将軍(2歳)が、椅子を派手に倒して壁にぶつけたから。結構簡単にあいちゃうのね、壁って。

で、どうせ又他の箇所も壊すだろうから、1か所位ですぐ業者を呼んで修理するのもなんだと、暫く放置してました。ですが、やっぱり気になる。。

で、応急処置として、自分でボンドコークで充填補修しようと思ったんだけど、ホームセンターにいったら1本が大容量&結構高い(1000円位だったかな?)楽天で680円位であるけど、送料いれたら結局同じ位になっちゃうし。

近所の100均でボンドコーク的な充填剤を探してみたけど、壁紙の剥がれを補修する接着剤はどこでもあったけど、あいてしまった穴に充填できるようなものは置いてなかった。諦めて、ホームセンターで買おうかと思っていた所、少し離れた大型のダイソーに行ってみた所、使えそうなものが置いてありました!!

説明部を拡大すると

石こうボード使用OK、高粘度で凹凸部への充填OK。乾いた後は白色で、塗装も可能。ふむふむ、いけそうだな、と踏んで、爪楊枝でちょいちょい塗り塗り、濡らした綿棒で表面を整えて、と。

出来た~!!

画像の中央あたり、小指の爪位の穴があいてました。
破けた部分のクロスは見つからず、上に貼り直せなかったけど、遠目ならあまり目立たない。更に丁寧に直すなら、凹凸をボンドで再現&塗装で色合わせすれば完璧かも。

施工前の写真は撮ってなかったけど、こんな感じ↓

※素人の適当補修なんで、真似する方は自己責任でお願いします。
あと、あんまり大きな穴は無理ですよ、勿論 (^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です